胃 胃炎

十二指腸潰瘍 胃下垂

病気と症状 病気を知る
Home > 胃の病気
胃の病気

 胃は、食道に続く袋の形をした器官です。左横隔膜のすぐ下、すなわち左上腹部からへその周辺にかけて存在します。

 胃の周辺は上方は横隔膜、左方は脾臓、右方は肝臓と十二指腸、前面は腹壁と肝臓、後面は膵臓とさ腎臓に接しています。

 胃の形は人のよってさまざまですが、つり針のような形をした鉤状胃と、牛の角のような形をした牛角胃の二つに分けられます。大部分の人は胃壁の緊張が正常な鉤状胃でどちらかというとやせ型の人の多く、牛角胃は胃壁の緊張が高い場合で、肥満の人によくみられます。また、胃壁の緊張がだらっとなった状態は、胃アトニ−といって、胃下垂によく合併して起こります。
 
 ● 胃の働き
 胃の入り口を噴門といい、出口を幽門といいます。幽門には括約筋があって食物の流れを調節しています。このように胃は、食物を一時ため、それを細かくすりつぶしてたんぱく質を一部消化するとともに、かゆ状になった内容物を少しずつ腸に送り出す働きをします。したがって胃の働きは、運動と分泌の二つに分けられます。

 運動

 胃の運動はぜん動運動と呼ばれ、胃壁筋層の周期的な収縮で起こり、噴門下部から波のように幽門に向かって伝わっていきます。この運動は胃の中に食物のある間は、約20〜25秒の間隔で反復し続けられます。この運動で食物はじゅうぶんに混ぜあわされ、すりつぶされて徐々に十二指腸へ送り出されます。

 分泌
 胃液の分泌は、食物が胃に入ると起こるのはもちろんですが、おいしそうな食物を見たり、においをかいだり、そのことを思い出したりしただけでも起こります。

 分泌は粘膜内にある胃腺(主としていて胃腺と幽門腺)から起こり、分泌液(胃液)のおもな成分は塩酸、ペプシン、粘液です。塩酸はペプシノーゲンを活性化してペプシンにするとともに殺菌力をあらわします。

 ペプシンは、食物の中のたんぱく質を分解(消化)してペプシンにします。粘液は、胃の粘膜表面をおおって、いろいろな刺激から粘膜を守ります。

 運動と分泌の調節
以上のような運動や分泌という働きは、自律神経(副交感神経、すなわち迷走神経と交感神経)やいろいろなホルモンによって調節され、また精神的な感情の変動によっても微妙に変化します。たとえば、迷走神経は胃の運動や分泌を高めるように働き、交感神経は逆におさえるように働きます。

 胃の幽門に近い粘膜でできるガストリンというホルモンは、血液を介して胃酸の分泌を高めますが、腸粘膜でできるセクレチンは逆にその分泌をおさえ、エンテロガストロンは分泌とともに胃の運動もおさえます。

また膵臓から分泌されるインシュリン、脳下垂体や副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンはともに胃酸の分泌を高めます。
 
 美味しいものを見たり、いいにおいをかいだり、また喜び、怒り、興奮といった感情の変動は、胃の運動や分泌を高めますが、逆に汚いものを見たり、いやなにおいをかいだり、また心配、憂うつ、恐怖といった感情障害は、両者の働きをおさえ、食欲不振、吐き気などを起こさせます。
  

4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】



今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。

家族みんなで「腸内快調」



今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>

 




Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved