ビタミンA 不眠

嘔吐 めまい

病気と症状 病気を知る
Home > ビタミン欠乏・過剰症 > ビタミンA過剰症
ビタミン過剰症

 <ビタミンA過剰症>
 ビタミンAは脂溶性ですから、大量に与えると過剰症を起こします。最近、飲みやすく、しかも高単位のA剤が市販されているため、ときにビタミンA過剰症を見ることがあるようです。

 不機嫌、不眠、嘔吐、めまい、脱毛、脂漏、口唇亀裂などの皮膚症状、肝腫大、四肢の有痛性腫脹などがみられます。 Aを投与している子供で、発育が止まり、このような症状があらわれたら、早く医師に診てもらうことです。
 A投与を中止すれば、症状は速やかに消失してなおるそうです。

 <ビタミンD過剰症>
 ビタミンDも脂溶性なので、過剰症を起こします。D剤を長期(5万単位以上を2カ月以上)に投与した場合にみられるものです。D剤を含む食品の場合はいくら食べても、D過剰症にはなりません。

 体重減少、食欲不振、便秘、不機嫌、吐乳、微熱などの症状がみられます。X線で骨を調べると、骨端にカルシウムが過剰沈着しているのが分かるそうです。
 D剤を投入すれば治るようです。
 
東尾理子さんも愛用!中村江里子さん、インリンさんもオススメ!

ビタミン・ミネラル27種配合
【美的ヌーボ】




こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved