ビタミンA 不眠

嘔吐 めまい

病気と症状 病気を知る
Home > ビタミン欠乏・過剰症 > ビタミンA過剰症
ビタミン過剰症

 <ビタミンA過剰症>
 ビタミンAは脂溶性ですから、大量に与えると過剰症を起こします。最近、飲みやすく、しかも高単位のA剤が市販されているため、ときにビタミンA過剰症を見ることがあるようです。

 不機嫌、不眠、嘔吐、めまい、脱毛、脂漏、口唇亀裂などの皮膚症状、肝腫大、四肢の有痛性腫脹などがみられます。 Aを投与している子供で、発育が止まり、このような症状があらわれたら、早く医師に診てもらうことです。
 A投与を中止すれば、症状は速やかに消失してなおるそうです。

 <ビタミンD過剰症>
 ビタミンDも脂溶性なので、過剰症を起こします。D剤を長期(5万単位以上を2カ月以上)に投与した場合にみられるものです。D剤を含む食品の場合はいくら食べても、D過剰症にはなりません。

 体重減少、食欲不振、便秘、不機嫌、吐乳、微熱などの症状がみられます。X線で骨を調べると、骨端にカルシウムが過剰沈着しているのが分かるそうです。
 D剤を投入すれば治るようです。
 



芸能人も愛用!
葉酸・ビタミン・ミネラル27種配合
【美的ヌーボプレミアム】

東尾理子さんも愛用!
中村江里子さん、インリンさんも
オススメ!


100%天然成分の葉酸を含む
27種ビタミンミネラルにDHA&EPAも配合
【美的ヌーボプレミアム】




Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved